Live

ライブイベントのプレビュー

BlendVisionでは、ライブ開始前にイベントのリハーサルやプレビューを行うことができます。

ライブイベントの作成後、システムとストリーミングサーバーでプレビューの準備が整うと、ライブイベントのステータスが「プレビュー待ち」に切り替わります。

こちらでは、プレビューの詳細な操作手順を紹介します。

プレビューを始める前に 

始める前に、以下について確認しておいてください。

リハーサル・プレビューができるタイミングについて

リハーサルができる時間は、ライブの開始時間によって異なります。

  • イベント作成後、シグナルテストはすぐに実施可能です。イベント作成から約3分ほど経過すると、リハーサルも可能となります。
  • ライブの開始時間より12時間以上前にイベントを作成した場合、12時間前になるまで待つ必要があります。
  • 12時間を切ると自動的にステータスが「プレビュー待ち」になります。ただし、サーバーはスタンバイ状態であるため、必要に応じて手動でサーバーを起動してリハーサルを行うこともできます。

 

シグナル配信に必要な情報の確認

ライブイベントをシグナル配信(RTMP)でホスティングする場合、以下の手順で信号伝送のRTMPリンクを確認する必要があります。

  1.  「ライブコントロールルーム」を参照の上、コントロールルームを開きます。
  2.  ページ上部の歯車アイコンをクリックし、信号伝送に必要な情報を確認します。

  • RTMPリンク(メイン):ライブストリーミングのプライマリソースフィードとして機能します。
  • RTMPリンク(バックアップ):メインソースが切断された場合、バックアップのライブストリーミングフィードとして機能します。プレーヤーは、読み込み失敗から数秒後に自動的にバックアップソースのストリームに切り替わります。
  • ストリームキー:ライブ配信用のソフトウェアによっては、RTMPリンクとストリームキーをそれぞれ別々に入力する必要があります。
  • ストリームキー (バックアップ): ストリームキーのバックアップとして使用します。RTMPリンク(バックアップ)に切り替えたら、ストリームキー (バックアップ)を使用してください。

 ストリームキーの重複による接続失敗を避けるため、以下の形式で入力してください。

    • RTMPリンク:rtmp://<ドメインアドレス>/<live1またはlive2>
    • ストリームキー: <ストリームキー>
各信号に関するプレーヤーの動作は以下の通りです。
  •  メインとバックアップのRTMPリンクに同時にストリーミングする場合:
    • プレーヤーはメインのソースフィードをストリーミングします。
    • プレーヤーは、メインまたはバックアップのフィードが切断された場合、読み込み失敗から数秒後に自動的に別のソースフィードのストリーミングに切り替わります。
  • 最初にバックアップRTMPリンクにストリーミングし、次にメインRTMPリンクにストリーミングする場合 、プレーヤーは自動的にバックアップからメインにストリームを切り替わりません。


プレビュー開始 

プレビュー待ち」の状態では、ストリーミングサーバーが信号を受信できません。以下の手順で 「プレビュー」に切り替えましょう。

  1.  「コントロールルーム」を開き、「プレビュー」ボタンでライブ配信を開始する

      • ライブイベントリスト上でステータスが「プレビュー待ち」の場合、「コントロールルーム」を開き、「プレビュー」ボタンをクリックして、ストリーミングサーバーが信号を受信できるようにします。 
        Live-controlRoom-preview_JP.png

      • プレビュー」ボタンをクリック後、ライブイベントリストのステータスが「ライブ配信起動中」に切り替わります。サーバーの起動には数分かかります。

      • サーバーの準備が完了すると、ステータスが「プレビュー」に切り替わります。

       live-status-preview-JP.png



  2.  RTMP信号でライブイベントをホスティングする場合、ライブイベントリスト上のステータスが「プレビュー」になっていることを確認の上、テスト信号を送信してください。なお、疑似ライブの場合には、この手順をスキップして、プレーヤーで直接コンテンツをプレビューすることができます。

  3. テスト信号が送信されると、コントロールルームのプレーヤーでライブイベントをプレビューすることができます。また、視覚化されたグラフィックで入力信号のメトリクス(ビットレートなど)をモニターすることができます。


プレビューの終了

テストが問題なく終了したら、引き続き「ライブイベントの開始と終了」をご参照の上、ライブの準備を進めましょう。

更新